新アドベンチャーのテーマは「カラザン(Karazhan)」か?7月29日に特別な発表の予告





ハースストーンの次期コンテンツとなる新たなアドベンチャーモードにまつわる噂がここ最近コミュニティを賑わしています。中国発のリーク情報については当サイトでも先日お伝えしておりますが、本日新たに公式からの予告が示され大きな話題となりました。

Daily Dot Esportsの記者Callum Leslie氏のツイートによると、Blizzard PRからプレス宛に送られたメールには「ハースストーンがChinaJoyでパーティを開催します」という題名とともに、パーティの招待状を模した告知画像が添付されていました。

「Chinajoy」とは中国の上海で開催される国際ゲームエキスポであり、昨年は30万人近い来場者を記録した大規模なイベントです。予告されている発表の日時は、日本時間で7月29日金曜15時を予定。この時間からハースストーン公式による特別な配信が行われるという内容です。



ごきげんよう、わが友よ!

きみの勇敢なる奮闘と旧神の力に交信し見事な腕前を示した戦略は、アゼロス全土の人々の賞賛を勝ち得たのだ。

我々が催す魔法と祝福に満ちた一生に一度のイベントへと、もしきみが参加してくれるのなら光栄に思う。

そして君のためにとびっきりに特別なものを用意してある。

どうか楽しみにしておいてくれ。われわれは忘れられないアドベンチャーを計画している!

日時: 日本時間 - 7月29日金曜15時0分

リンク: http://www.tiwtch.tv/playhearthstone


真心を込めて,

きみの古い友人より!




例によって例のごとく発表の内容ははっきりと明言していませんが、この配信上で新アドベンチャーの正式発表が行われるであろうと見られます。そして、そのアドベンチャーのテーマは「カラザン(Karazhan)」である可能性が濃厚になりました。

まずはこの”招待状”に隠されたヒントをあぶり出しながら、既出の情報とつなぎあわせて状況を整理していきます。



招待状の差出人はMedivh?


このゲームと長らく付き合っている方ならご承知のように、ハースストーン公式は新コンテンツの発表に際して事前にさまざまなヒントをちりばめ、新コンテンツのテーマを仄めかすように予告を行います。

TGTでは腕に覚えがある戦士達へ宛てた招集状、今年のOldGodsでは旧神の従者である無貌の者、といった具合です。

Hearthstone次期コンテンツ関連情報が7月22日に発表(の予告) [dojo]


次期拡張版のテーマはOld God? - Sneak Peek:Whispers of Old Gods [dojo]



では今回の、謎めいたパーティへの招待状に隠されたヒントとは?



ヒントその1 - 魔法と羽根と古き友

招待状の文章で際立つ「full of Magic」という魔法や魔術との関連性を匂わす表現、そして羽根をモチーフとしたイラスト。招待状の締めくくりに「古い友人」を名乗るこの差出人とは、あの《メディヴ / Medivh》ではないかと予想する声があります。

コミュニティでお馴染みのDisguised Toast氏は《メディヴ / Medivh》との関連性を指摘し、今回のテーマが「カラザン(Karazhan)」であることは間違いないとツイートしました。




特徴に乏しいこの羽根のイラストが間違いなく《メディヴ / Medivh》を示唆するという見方は少し苦しいでしょうか?そんなことはありません。

WarCraftⅢをプレイした経験のある方は見覚えがあるでしょう。ゲームの幕間に挿入されるCGムービーに《メディヴ / Medivh》が黒い鳥の姿で登場します。この黒い鳥・・・・カラスではなく、「鷹」は《メディヴ / Medivh》が変身した姿であり、彼のモチーフなのです。


PC - Warcraft III: Reign of Chaos 2nd Cinematic 'Medivh's Warning'


わたしはずっとカラスだと思ってたんですけど、Heroes of the Stormではそのものズバリ、「Raven Form」というアビリティを持っています。





魔法と羽根から《メディヴ / Medivh》を連想した人にとって、「Old friend」とは特別な響きを伴います。彼には共に王宮で育った竹馬の友が居ました。仲良しトリオとして大冒険をくりひろげ、後年に悲劇的な運命で引き裂かれた”古い友人”が居たのです。第一次大戦(First War)の果てに暗殺されたレイン王(King Llane Wrynn)、王の遺志を継ぎヒューマン代表としてアライアンスを率いた軍神ローサー(Anduin Lothar)の二人です。





映画「ウォークラフト」で主役級に描かれた彼ら3人については、当サイトのレビュー記事やHearthstone Expressさんの映画紹介記事をご参照ください。

参照リンク:
『ウォークラフト』映画の紹介とレビュー [dojo]
映画「ウォークラフト」鑑賞ガイド #4: アライアンス陣営のキャラクター [Hearthstone.exp]




ヒントその2 - マジカル☆パーリーナイト(?)

黒い背景とすこし安っぽいネオンの明かりを模した招待状の画像から受け取れるイメージは、夜に行われる大人のパーティーです。《メディヴ / Medivh》と「夜のパーティー」は直接的に結びつかない印象かもしれません。しかしこれも重大なヒントのひとつです。

世俗から離れ孤独に魔術を研究していた《メディヴ / Medivh》の住処であるカラザン(Karazhan)の塔。原作World of Warcraftではこの塔がレイドダンジョンとして存在し、Banquet Hall(宴会の広間)はパーティー会場となっています。

そしてここでは、映画にも登場した《メディヴ / Medivh》の忠実な従者モロー(Moroes)がホストとなり、塔を訪れるゲスト達をパーティーへと案内してくれます。パーティーの参加者といえば幽霊かアンデッドの貴族という顔ぶればかり・・・・そう、死せる者が夜を祝うパーティーです。



Moroes [WoWpedia]





中国発のリーク情報


本日明らかにされたBlizzardの招待状によって、次回アドベンチャーモードのテーマが「カラザン(Karazhan)」であろうという予想の線が濃厚となりました。もちろんこの予想の発端は先日ブログでもお伝えしております中国発のリーク情報です。

WoWのRaidダンジョンが舞台になる? - 次期アドベンチャーモードの噂 [dojo]



Next adventure to be themed after a WoW raid exactly three Chinese characters long [reddit]


新たに実装されるアドベンチャーは、中国語の3文字で表されるWorld of Warcraftの「Raid」がテーマとなる。Karazhanは中国語で卡拉赞となり、この条件に当てはまります。Karazhanは2007年の「The Burning Crusade 」で追加された古いレイドコンテンツですが、公開されたばかりの映画『ウォークラフト』の舞台としてもフィーチャーされたので話題性としては十分でしょう。


しかしこのリーク情報の信ぴょう性はいかがなものでしょうか?

この情報は中国のネット掲示板に投稿されたものであり、普通ならばたわ言として見過ごされるうわさ話のひとつに過ぎません。しかし先日の記事でも紹介したように、この投稿者はShamanの新スキン実装を事前に予告していました。投稿のタイトルは「So my uncle who works at NetEase told me.......(NetEaseで働いてるおじさんが教えてくれたんだけど・・・・)」本当におじさんなのか、おじさん本人が書き込んでいるのか知りませんが、NetEaseが情報を漏らした可能性が考えられます。

上海に居を置く企業NetEase(網易)とは中国のネットポータルサイトであり、Blizzard Entertainment社が中国で事業展開するパートナー企業です。ハースストーンにおいても当然重要な役割を果たしており、NetEase主催のトーナメント「Gold Series Summer」が7月28日から始まります。この「Gold Series Summer」の勝者は11月のWorld Championshipへ直接招待されるので、他のリージョンにおける地域選手権(Legion Championship)にあたるとても重要なイベントなのです。


そして7月28日からの「Gold Series Summer」はどこの会場で行われるのか?

同日から開催される上海の国際ゲームエキスポ「Chinajoy」の会場から車で30分程度の距離にある、上海の五つ星ホテル「Shangri-La Hotel」の宴会場です。なんだか点と点がつながり線のように見えてきましたね。






もうひとつの”招待状”


もうひとつ注目すべき情報がBlizzardから示されています。7月16日にカリフォルニアで公式主催の炉端の集いが催され、幸運な参加者は特別なイベントへの招待状を景品として獲得しました。




いまだかつてない”魔法のような”イベントへと招待するというこの招待状。内容も場所も記載されていませんが、光の加減でしょうか。金色に輝いて見えませんか?

金色・・・・ゴールド・・・・Gold。Gold Series?ちょっと安直でしょうか。
カリフォルニア州の近辺に住む人を上海のイベントへ招待する?うーん。はてさて。



全ての線は7月29日(日本時間)に収束し、真実が明らかになるでしょう。アゼロスの大地を血管のようにつなぐ魔法の源たるレイライン(Ley line)を辿れば、すべて「カラザン(Karazhan)」に辿り着くとされています。今回示されたヒントの行く先にあるのもやはり、あの美しい塔がかつて存在した場所なのでしょうか。


『ウォークラフト』MAKING:ENERGY CHAMBER



COMMENTS

名前

Alternate hero Beginner Guides Blackrock Mountain Curse of Naxxramas Decks & Guides Diary Events Expansion Goblins vs Gnomes Journey to Un’Goro League of Explorers Mean Streets of Gadgetzan Metagame Mobile News & Notice One Night in Karazhan Patch Notes Season end reminder Solo Adventures Tavern Brawl The Grand Tournament Utilities Weekly Recap Whispers of the Old Gods World Championship Year of the Kraken Year of the Mammoth
false
ltr
item
Hearthstone dojo: 新アドベンチャーのテーマは「カラザン(Karazhan)」か?7月29日に特別な発表の予告
新アドベンチャーのテーマは「カラザン(Karazhan)」か?7月29日に特別な発表の予告
https://lh3.googleusercontent.com/BPYu-vfHYYYRLNnbrJfwl40juOjvGg7zDybF23gaN29NfvmWj1iF5Cljt2n1Ooi22Jz-I8Fhn7CYfg=w1576-h721-no
https://lh3.googleusercontent.com/BPYu-vfHYYYRLNnbrJfwl40juOjvGg7zDybF23gaN29NfvmWj1iF5Cljt2n1Ooi22Jz-I8Fhn7CYfg=s72-w1576-c-h721-no
Hearthstone dojo
http://hearthstone-dojo.blogspot.com/2016/07/karazhan729.html
http://hearthstone-dojo.blogspot.com/
http://hearthstone-dojo.blogspot.com/
http://hearthstone-dojo.blogspot.com/2016/07/karazhan729.html
true
1719873907649609782
UTF-8
Not found any posts VIEW ALL Readmore Reply Cancel reply Delete By Home PAGES POSTS View All RECOMMENDED FOR YOU LABEL ARCHIVE SEARCH ALL POSTS Not found any post match with your request Back Home Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat January February March April May June July August September October November December Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec just now 1 minute ago $$1$$ minutes ago 1 hour ago $$1$$ hours ago Yesterday $$1$$ days ago $$1$$ weeks ago more than 5 weeks ago Followers Follow THIS CONTENT IS PREMIUM Please share to unlock Copy All Code Select All Code All codes were copied to your clipboard Can not copy the codes / texts, please press [CTRL]+[C] (or CMD+C with Mac) to copy